小川山いってきました

小川山いこう。

f:id:NEBOSUKE:20160818161926j:image

いってきました。

 

 

つい先日高速でパンクして、給油口も開きっぱ。

万全の状態で車検を目前に控えたパジェロミニを名古屋まで走らせる。

 

いつものノリでいつものアイツが待っててくれてました。

f:id:NEBOSUKE:20160818162005j:image

そうだね、ヤベッチだね。

 

今回のツアーは車やクラッシュパッドやテントを貸して頂いて、更にはエリアの案内までしてくれたヤベッチ&I見さんにおんぶにだっこで、大変お世話になりました。

早速ナンバープレートの白いお車に乗り換えて、レッツ小川山。

 

 

お盆の混雑も思ったほどではなくて、テントの場所もすんなり見つかって昼過ぎから岩場へ。

ちょんのすけとトクは初めてなのでクジラ岩へ。

f:id:NEBOSUKE:20160818162039j:image

さすがの人の多さ。

クラッシュパッドも多すぎなので荷物と一緒に置いといて、お邪魔させて頂く。

みんなで穴社員でアップしてエイハブ船長。

 f:id:NEBOSUKE:20160818162059j:image

やべっちの「ホールドに攻撃される」が鉄板すぎて草。

f:id:NEBOSUKE:20160818162128j:image

でもなんだかんだ言いながらみんな完登して、裏のグロヴァッツスラブで〆。

 

 夜は「ヘルシーパーク」で温泉入ってやきにく「ふじもと」でごはん。

キャンプ場に戻って酔っ払ってきたとこで就寝。

 

事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!

 という夢を見た。

 

テントが狭くてあまりよく寝れず、2日目はダルおも。

f:id:NEBOSUKE:20160818162209j:image

MNPをみんなで落として、石の魂で涼しさのあまりテンション吹っ切れて上裸でダンスの練習して、なんだか一段とやる気のないトクをテンぺルタットルに付き合わす。

f:id:NEBOSUKE:20160818162244p:image

 

ちょんのすけが花崗岩を触ると必ず指に穴あくの鉄板。

でも流血とともに石の魂打ち込みゲットしたのは今日イチでしょう。

f:id:NEBOSUKE:20160818162317j:image

 

昼くらいからは不可能スラブのとこへ。

f:id:NEBOSUKE:20160818162342j:image

狙っていた上弦は、半日かけて一番下からスタートするムーブ解決したらスタート位置全然違ってて泣けてきた。

結局右のクラックに合流してからがムーブ起こせず敗退。

いや、登れててもバラしが解決しただけだったのだからいいのです。

 

やべっちとちょんのすけはヒッパルコスを打ち込んだけど敗退。僕も横向きに落ちて敗退。トクは携帯ゲームのレスト中にスポットしてくれてた。

 

早めに撤収して、この日の晩御飯は「ヘルシーパーク」でボリューム満点カツカレー。

営業時間19時半までだったかな?

ここのおばちゃん、豆をサービスでくれたり花火大会あること教えてくれたりで親切でした。

 

せっかくなので風呂のあと花火を見に行ってみる。

f:id:NEBOSUKE:20160818162418j:image

毎年8/14は夏祭りだそうです。打ち上げ花火の想像以上の近さにびっくり。

 

ここで疲れがどっと出てきて、夜の団欒中に寝落ちしてすぐテントに入ってねぼすけ。

移住した広いテントはよく寝れました。

 

あっというまに最終日。

午後から雨予報なので、テントを片づけてから岩場へ。

川の方に行きました。

f:id:NEBOSUKE:20160818162455j:image

f:id:NEBOSUKE:20160818162508j:image

流れの中に、とか忘却の河、とか果てとか、THEランジ一発のミケも調子よく落とせたり、神の瞳も思ったよりムーブこなせて1ゲキだったり、最終日なのに元気でした。

f:id:NEBOSUKE:20160818162519j:image

やべっちのaimでの知り合い夫婦とも一緒に登ったり喋ったり。

 

昼過ぎに天気予報が的中して雨が降り出して、急いで車に乗り込んでサラバ小川山。また会う日まで。

名古屋に着いたら小さくて黄色い愛車に乗り換えて風呂入って飯食って。

なんだかんだ混雑もそれほどでもなく、汗も全然かかずに涼しく登れていいツアーだったな~なんて、感慨にふけりながら眠りたいのをガマンしてひたすら運転。

松山に着いたのは朝4時過ぎでした。過酷。

 

動画もあるので編集してvimeoにあげます。

 

 

ねぼすけ