ヨセミテ 3日目

今日はきっちり7時前に目覚めてミッドナイトへ行くと、ギリさん達はもう着いていた。
急いでフードコートへ朝ごはんを食べに行って、ワクワクしながらキャンプ4に戻ってセッション。


しかし高いモチベとは対照的に、気温がいまいち下がっていない。。

1トライすると指がすぐにあったまって手汗がにじむ…

また、昨日暑い中行動したせいか、体も重い。


結局ギリさん達が帰る時間までトライを続けたが、右手がライトニングホールドを捉えきることはなかった。

f:id:NEBOSUKE:20160926105132j:image

止まってくれない右手…


今日で帰ることになっているギリさん達と、日本での再会を約束して握手を交わし、別れる。
さて、ひとりで何をしようかと考え向かったのはキングコブラ(V8)。

f:id:NEBOSUKE:20160928092525p:image

トポにおすすめ星が4つも付いてるだけあって、とんでもなくそそられる見た目だ。

幸い気温は高いながらも日陰になっているので、そのままトライ開始。

最初はスタートからの数手に苦戦したが、岩に残っているチョークやソールの跡を頼りになんとかコーナーに入るまでは辿りついた。

しかし、そのあとがどうにも解決しない。

閉塞感のある個性的なムーブと高さが恐怖心をあおるので、なかなか新しい動きを試すことも出来ないでいた。

そうこうしていると、いよいよ気温も上がり、肩もミシミシいってるので一旦撤退することにした。
フードコートで肉の塊を喰ってキャンプ4に戻り、夕方に備えて木陰にクラッシュパッドを広げて昼寝。巨木の間を吹き抜ける風がとても心地よく、ぜいたくだなぁと感じる時間だった。

 

エルキャピタンに太陽が隠れる寸前の日差しで目を覚ました。日陰なら風が吹けば肌寒いくらい涼しくなったので、再び活動することにした。

f:id:NEBOSUKE:20160928092242p:image

キャンプ4でかずはさんやゆうさんが登っていた岩のスラブを登り、軽くおしゃべりした後キングコブラへ。

新たな一歩(&一手)を踏み出すことは出来たが体が思うように動かず、ムーブが決まっている下部で落ちるようになってしまったので、敗退を選択した。

f:id:NEBOSUKE:20160928092546p:image

夜はピザを食べて、今宵もシャワーを借りに行く。
ハウスキーピングの皆さんの明日の予定を聞いてみたら、キャンディランドという別のエリアに行くので、一緒に行く?とのこと。

そこは車がないので行けないと思っていたエリアなので、大喜びで同行させてもらうことにした。


この日の帰り道は、夜空に雲が少しかかっていて星はあまり見えなかった。

昼寝をしたからか、明日の団体行動にわくわくしているからか、シュラフに入ってもすぐに寝付くことはできなかった。

 

つづく

広告を非表示にする